網膜芽細胞腫福岡市営地下鉄空港線西新駅前徒歩30秒たの眼科

【網膜芽細胞腫】 

 3歳頃までの乳幼児の網膜に発生する悪性腫瘍で、1 万5000 人に1 人の割合でおこる病気です。うち20~30%は両眼性で遺伝性をもつと考えられています。片眼性の場合、大部分は非遺伝性ですが、一部に遺伝性のものがあります。
  治療は、腫瘍が大きい場合には、早期に眼球摘出を行ないます。周囲に浸潤がみられた場合は、さらにエックス線照射や抗がん薬による化学療法も行ないます。腫瘍が小さい場合には、放射線療法、光凝固、冷凍凝固、眼球温熱、化学療法などによって、眼球を摘出
せずに腫瘍細胞を不活化させます。
  5 年以上の長期生存率は90%で、これは腫瘍の広がりの程度によって決まってきます。
両眼性の場合は、骨肉腫などほかのがんの発生率が高いので、一生涯の経過観察が必要です。