目の病気Q&A福岡市営地下鉄空港線西新駅前徒歩30秒たの眼科

目の病気Q&A  

遠視・近視

Q.遠視・近視はなぜ起きるのですか?
A.

光が網膜にぴったり焦点を結ばない状態で、近視は光が網膜より前に焦点を結んでしまうもの、遠視はその逆で網膜よりも後ろに焦点を結んでしまうものです。

Q.どうしたらいいでしょうか?
A.

近視には凹レンズを、遠視には凸レンズを眼鏡やコンタクトレンズとして用いて補正します。レーザーによって角膜の屈折力を変えてしまうことで、限りなく正視の状態に近づける屈折矯正手術も広く普及し始めています。

麦粒腫(ものもらい)

Q.麦粒腫とは何ですか?
A.

まぶたが炎症を起こして腫れ、充血、かゆみ、痛みを伴う症状をいいます。俗に「ものもらい」と呼ばれているものです。

Q.麦粒腫はなぜ起こるのですか?
A.

まぶたのふちにある毛根や汗腺、眼球に脂を分泌するマイボーム腺が細菌感染して起こります。汗腺やまつげの毛根に感染した場合を外麦粒腫、マイボーム腺の感染を内麦粒腫と呼びます。

Q.どうしたらいいでしょうか?
A.

抗生物質の点眼や内服を行い、目をこすったりしないよう注意します。 膿みが出てしまえば自然に治りますが、病院で切開して膿を出すこともあります。まずは受診してください。

糖尿病網膜症

Q.糖尿病網膜症とは何ですか?
A.

糖尿病の合併症の一つで、糖尿病が原因となって、目の中の網膜にある血管が破綻・閉塞を起こし出血する病気です。糖尿病に10年以上罹患で半数の人に、 20年以上では8割の人に合併するとされています。当初、自覚症状はほとんどありませんが、出血をするようになると、視力低下として自覚されるようになります。網膜剥離をひきおこすこともあり、失明にもつながるおそれもあります。

Q.糖尿病網膜症はなぜ起こるのですか?
A.

糖尿病になると全身の血管で破綻・閉塞が起きます。目の網膜にも血管がありますから、この血管がつまり、神経細胞は酸欠状態になります。それを補うために新生血管ができますが、この血管がもろく、出血しやすいのです。

Q.どうしたらいいでしょうか?
A.

治療の基本は、内科的な血糖のコントロールです。しかし、網膜症がある程度進行すると、血糖のコントロールと関係なく網膜症が進行するので、眼科的な治療が必要です。進行してしまった場合は、レーザー光凝固、硝子体手術が行なわれます。糖尿病と診断されたら、目に自覚症状がなくても定期的に眼底検査を受けるようにしましょう。治療の時期を失しないようにすることが大切です。

ドライアイ

Q.ドライアイとは何ですか?
A.

涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。

Q.ドライアイはなぜ起こるのですか?
A.

乾燥した部屋でパソコンなどのモニターをみつめる作業を長時間行うなどのほか、加齢による涙の分泌量や質の低下、膠原病やシェーグレン症候群など他の病気が原因の場合もあります。また、血圧を下げる薬や精神疾患に用いられる薬の服用により、涙の分泌量が減少することもあります。

Q.どうしたらいいでしょうか?
A.

症状が軽い場合は点眼薬で緩和させることができます。改善が見られない場合、涙の出口である涙点に栓をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断するような治療を行うこともあります。まれにドライアイがきっかけとなって重大な眼の病気を招くことがあります。目の異物感や疲れを感じたら、受診するようにしましょう。

飛蚊症

Q.飛蚊症はなぜ起こるのですか?
A.

眼球内にはゼリー状をした硝子体という部分があります。硝子体の99%以上は水分で、わずかに繊維を含んでいます。加齢に伴いこの繊維と水分が分離し、やがて繊維の塊が眼球内をふわふわと浮いた状態になると、飛蚊症の原因となります。

Q.飛蚊症とは何ですか?
A.

飛蚊症は、目の前に虫や糸くずなどの浮遊物が飛んでいるように見える症状を指し、病気の名前ではありません。心配のないものと、病気が原因で起きるものがあるので注意が必要です。

Q.どうしたらいいでしょうか?
A.

主には加齢(老化)に伴う現象で問題のない場合がほとんどですが、重大な病気(網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎)の前駆症状である場合もあります。すぐに受診し検査を受けてください。

花粉症

Q.花粉症ってどんな病気?
A.

花粉症とは、花粉によるアレルギー反応のことで、症状は主に目と鼻に現れます。免疫という防御機能が花粉(アレルゲン)に対して過剰に働き、花粉症の症状が出ます。花粉が飛ぶ時期は、2月から4月にかけてのスギ花粉が最も多く、全体の80%を占めています。

Q.どんな症状が出るの?
A.

一般的な症状には目のかゆみ・充血・涙目・異物感などがあり、目の周りやまぶたがはれることもあります。目以外の症状として、くしゃみ・鼻汁・頭痛・咳などがあります。

Q.どんな治療をするの?
A.

目の症状・鼻炎症状には、目薬・飲み薬・点鼻薬等で治療をします。花粉症の症状をおさえるためには自覚症状が出る前に、早期治療が大切です。花粉が飛び始める2週間くらい前から治療を開始することにより、花粉症の症状を予防したり、期間中の症状を軽減することができます。薬を使用してすぐに治る訳ではないので、医師の指示に従って根気よく治療を受けることが大切です。